Illustration|💛My Favorite Things「信楽焼たぬき」

💛My Favorite Things「信楽焼たぬき」


いつ頃からか定かではないのですが、たぬきのキャラクターが好きです。

好きだと自覚するとどんどん好きになっていくし、

たぬきを見つけるのが上手くなっていくし、
かわいいたぬきが寄ってくる。


もともと手作りだったり生産の事情で個体差のあるものが好きで

その条件にぴったり当てはまるものの一つが「信楽焼たぬき」。


お店や家の玄関前にいる信楽焼たぬきはいろいろな表情があるほか、

はっぴにねじり鉢巻をしていたり、

色とりどりのお花に囲まれていたり、

7人の小人・ファンシーな置物と一緒に並んでいたり…と、各たぬきのお仕事も様々。
入店の決め手が「信楽焼たぬきがいるから」ということもありました。


我が家にはお土産にもらった手のひらサイズの信楽焼たぬき。

このサイズ感ならではの存在感。

どこに置いたってかわいい!

胸いっぱいの「信楽焼」の金色シールが誇らしくみえる。


今回は、手にとって色んな角度から描いてみました。
まじまじと、くるくると見回してみると、かわいい角度がたくさんあることに驚きます。
そして書かずにはいられない。

うまくかわいさが表現できず悔しくて何体も描く。

描いていくとだんだん描けていく、でも実物の可愛さには到底敵わない。

そして、「敵わなくてもいいや、かわいい実物があるし」という境地(?)に行き着く。

「これが実物の、生の魅力なんだな〜」と小さな置物たぬきに気づかされました。


ちなみに、ぬいぐるみ部門ではローソンのキャラクター「ポンタ」が一推しです。

写真でも一番かわいい角度をとるのが難しい